そもそもデザイン住宅とは?


2018年2月27日

デザイン住宅は建売住宅や注文住宅とは異なり、テーマやコンセプトを元に外観からインテリアと住宅の細かな箇所まで設計された住宅の事を指します。設計した建築家の個性が打ち出された他にはないオリジナリティーのあるマイホームを実現する事が出来ます。

デザイン住宅のメリット

オリジナリティーのあるデザイン住宅は「シンプルモダン」や「現代和風」「南米・北米スタイル」と数多くあるコンセプトから住宅を選んで購入する事が出来ます。また、一般的なハウスメーカーでは対応してもらえないクセのある狭小地でもアイデアを活かしてオシャレなデザインの住宅を建てれるといったメリットもあります。また、予算の相談を受け付けてもらえる場合も多いので予算オーバーをする心配がなくなります。代替案を提出だけではなく、細かな変更点がある場合でもしっかりと報告・連絡があるので安心して任せられます。

デザイン住宅のデメリット

数多くのメリットがあるデザイン住宅ですが、デメリットも存在します。最も注意しなければいけない点として「時間がかかる」事が挙げれます。設計から使用する資材まで細かく相談しながら決めていく必要となります。また、住宅の全ての箇所にこだわりを持っているデザイナーと意見が食い違う事もあります。妥協してくれるデザイナーも多いですが、中には譲れないと主張してご破産になる事も忘れないようにしましょう。設計トラブルを避けるために複数のデザイナーの作品集を確認して設計の全てを委ねても良いと思えるデザイナーを探し出したという方もいます。

DEZAMADOの公式サイト