毎日がドラマチック!?デザイナーズマンションのメリット・デメリット


2018年1月29日

憧れのデザイナーズマンションに住む!

賃貸マンションの中でもひときわ人気の高い物件の一つが、デザイナーズマンションです。

デザイナーズマンションといえば、コンクリート打ちっぱなしの壁におしゃれなインテリア・・・といったイメージがありますよね。実際にそういった物件も多くありますが、基本的には設計した建築家や建築デザイナーのセンスやデザイン性などが強く反映されたマンションのことをデザイナーズマンションといいます。

まるでドラマに出てくるようなデザイナーズマンションの部屋に、憧れる人も多いのではないでしょうか。

おしゃれな空間ですごす醍醐味

デザイナーズマンションのメリットは、やっぱり何といってもおしゃれな事。広々とした吹き抜けのリビングや、螺旋階段のあるメゾネットの部屋なんて憧れてしまいますよね。そんなおしゃれな空間で毎日を過ごせるのは、デザイナーズマンションならではの贅沢だといえるでしょう。

外観もデザイン性が高かったり、高級感のあるものが多いために、人とは違ったステータスを感じることができるという点も大きな魅力ですね。

デザイナーズマンションにはデメリットも...

ただしデザイナーズマンションには、それなりにデメリットが多いこともあります。

例えばよくあるコンクリート打ちっ放しの物件は、「夏暑く、冬寒い」という場合が少なくないようです。広々としたガラス窓も、外気を伝えやすいので冷暖房の効率は悪くなってしまいます。デザイン性が重視されているため、実際に生活するという機能面では不便を感じることが多いかもしれません。

ただし、最近では機能面とデザイン性を両立したデザイナーズマンションも増えてきているようです。賃貸を探す際には、デザイナーズマンションをぜひ検討してみてくださいね!

元町の賃貸物件を探すなら不動産屋に行くことをお勧めします。元町は人気エリアなので良い物件はすぐに埋まってしまいます。